旅のおすすめプラン



トップ > 団体メニュー > 教育旅行 > 木古内町漁師体験

商品詳細



ツアー名:木古内町漁師体験

木古内町は、函館の近郊に位置し、渡島半島南部、津軽海峡に面した
風光明媚な町です。
北海道新幹線の北海道側一番目の駅が出来る予定の町で、海の幸が豊
富で特に美味しい〔ほたて〕の産地として、またはこだて和牛の産地、
天保2年から始まった若者による〔みそぎ事始め〕、あの歴史的遺産
『咸臨丸』が眠る岬のある町、等などで知られています。
木古内町あげて、皆様を歓迎いたします。


目的:漁師体験、食育

体験場所:木古内前浜 木古内町(函館から約1時間)

体験内容:地引網体験・浜焼き体験

所要時間:約4時間(移動時間は除く)

対象:小〜高校生

日程:<スケジュール(一例)>

8:00  湯の川温泉のホテル出発

9:00  木古内町中央公民館着。トイレ・小休憩終了後、前浜へ移動。

9:40  木古内町前浜 到着  記念写真撮影(クラスごと)

9:40〜9:50  体験内容・注意事項についての説明(オリエンテーション)。網入れ開始。

10:00〜11:00  地引き網 開始
        網の両サイドに生徒さんが分かれ、掛け声とともにロープを引く。
        網を引き終えたら、捕獲できた魚類を漁師さんの説明を聞き、体験終了。

11:10〜11:20   前浜から、中央公民館に移動

11:20〜11:25  歓迎セレモニー(歓迎挨拶)於 屋外駐車場スペース

11:30〜12:30  「浜焼き体験(バーベキュー)」昼食を兼ねて実施(屋外)

12:30〜12:50  昼食会場の後片付け、全体記念写真撮影・制服へ着替え・トイレ使用(公民館内)

13:00  木古内を出発

食   事:
ホタテ飯、活ホタテ焼き 1枚、ジンギスカン、お茶(1個) 
※ドラム缶を半分にしたコンロで炭焼きをします。
※生徒さんを事前の班分け(1班あたり12名前後)通りに指定のコンロへ。先生班は別途。

注意事項:
※食事の内容は一例です。季節によりメニューが変更になる場合があります。
※着替え及びトイレ休憩場所
 木古内町中央公民館(講堂、会議室、和室、体育館等の複合施設)
※雨天・荒天の場合
 中央公民館の室内での【漁師さんの話】【木古内町の歴史と今の話(スクリーン上映)】
【講堂横の野外及び調理室での食事準備】【講堂での食事】などのメニューに切り替わります。

体験料:お問合せください。

企画・実施・申込・お問い合わせ:
函館観光コンシェルジュセンター TEL:0138-26-0300



観光地を地図から探す
はこぶら「HOP! Step☆MAP」 大沼 函館 木古内 松前 江差 奥尻島 八雲 長万部 せたな 観光地案内
はこだて教育旅行ガイドブック  ●PDF版はこちら
 ●eBook版はこちら
函館ホテル旅館協同組合函館観光情報サイト はこぶら函館国際観光コンベンション協会函館国際観光 フォトライブラリはこだて開港ペリーロード函館まちあるきマップWEBはこだて観光圏「体験の旅案内」てくてくはこだて