お問い合わせ

使うと違法?Torブラウザの使い方|ダークウェブにアクセス可能?

この記事は約8分で読めます。
本文は約4533文字です

ダークウェブには気を害する危険なサイトが多く存在しています。その中から私が主観でレベル分けを行い、簡単に説明してみようと思います。また安全性の観点から、具体的なサイト名は言及するつもりはありません。予めご了承ください。

ダークウェブにアクセスする時は本当に気をつけてください。

Torブラウザは、オンライン上のプライバシーを守るために開発されたブラウザで、匿名性を高めるためにトラフィックを複数のノードを通してルーティングします。

この記事の内容

Torブラウザのインストール方法

Torブラウザをインストールするには、公式ウェブサイトからダウンロードする必要があります。Torブラウザは、Windows、Mac、Linuxなどの複数のプラットフォームに対応しています。

Torブラウザの使い方

Torブラウザは、通常のブラウザと同じように使用できます。インストール後、Torブラウザを起動すると、自動的に匿名のネットワークに接続されます。Torブラウザを使用することで、ウェブサイトの閲覧履歴やIPアドレスが隠蔽されるため、ユーザーのプライバシーが保護されます。

Torブラウザを起動する

Torブラウザは、通常のウェブブラウザと同じようにインストールして使用することができます。公式ウェブサイトからダウンロードして、パソコンにインストールします。

Torブラウザでウェブサイトにアクセスする

Torブラウザを起動すると、自動的にTorネットワークを経由してインターネットに接続します。TorブラウザのアドレスバーにウェブサイトのURLを入力することで、匿名でウェブサイトにアクセスすることができます。

Torブラウザでの検索方法

Torブラウザでは、検索エンジンを使用することができます。しかし、一部の検索エンジンは、トラッキングやログ記録などのプライバシー侵害のリスクがあるため、代わりにプライバシーに配慮した検索エンジンを使用することが推奨されています。代表的なプライバシーに配慮した検索エンジンとして、DuckDuckGoが挙げられます。

Torブラウザの利用に関する注意点

Torブラウザの使用に伴うリスクと注意点

通信速度が遅い

Torブラウザは通信を匿名化するため、通信速度が通常のブラウザに比べて遅くなる場合があります。また、Torネットワークが混雑している場合は、通信速度が更に低下する可能性があります。

信頼性が低い

Torネットワークを通じてウェブサイトにアクセスする際、中継ノードを経由するため、情報の漏洩や改ざんが発生する可能性があります。そのため、Torブラウザを使用する際には、重要な情報のやりとりや、個人情報を入力するような場合には注意が必要です。

ウェブサイトの閲覧が制限される

一部のウェブサイトでは、Torネットワークからのアクセスを禁止している場合があります。そのため、Torブラウザで閲覧できるウェブサイトが制限される可能性があります。

フィッシングサイトに注意

Torブラウザを使用する際には、フィッシングサイトに注意する必要があります。Torネットワーク上には、フィッシングサイトやマルウェアに感染したサイトが存在しており、それらにアクセスすると個人情報が漏洩するなどのリスクがあります。そのため、信頼できるウェブサイトからのアクセスに限定し、怪しいサイトへのアクセスを避けるようにしましょう。

Torブラウザの使用に関する法的規制

Torブラウザ自体は違法ではありませんが、その使用目的によっては違法となる場合があります。例えば、違法な取引や犯罪行為を行うためにTorを使用することは違法行為となります。また、一部の国ではTorの使用が禁止されている場合があります。Torを使用する前には、自分が住んでいる地域の法律を確認し、違反しないように注意する必要があります。

Torブラウザのセキュリティについて

Torブラウザは、インターネット上の追跡を防ぐことができますが、100%安全とは言えません。特に、Torブラウザを使用していること自体が疑わしい行動とみなされる場合があります。また、Torネットワークは、不正アクティビティや攻撃者からの攻撃に対して完全に安全ではありません。したがって、Torブラウザを使用する場合は、セキュリティに関する知識を持ち、適切な予防措置を講じることが重要です。

Torブラウザの利用は合法ですが、違法な行為を行う目的で利用することは禁止されています。また、Torブラウザは一部のウェブサイトでの利用を制限されることがあります。さらに、Torネットワークには、不正アクセスや情報漏えいなどのリスクがあるため、使用時には注意が必要です。

Torブラウザの利用によるプライバシー保護の効果

Torブラウザは、ユーザーのプライバシーを保護するための有効なツールの1つです。Torブラウザを使用することで、IPアドレスやウェブサイトの閲覧履歴が匿名化され、ユーザーのプライバシーが守られます。ただし、完全に匿名化されるわけではなく、トラッキングや個人情報の漏洩のリスクはあります。

TorブラウザとVPNの違い

TorブラウザとVPNは、両方ともオンラインプライバシーを確保するためのツールですが、異なる方法でプライバシーを保護します。

Torブラウザは、Torネットワークを介してウェブサイトにアクセスすることで、IPアドレスを隠し、匿名性を保ちます。

VPNは、インターネット接続を暗号化し、データのやりとりを盗聴されることを防止することで、プライバシーを保護します。

具体的には、VPNは、自分のIPアドレスを仮想的な場所に変えることができます。つまり、VPNサーバーがある国のIPアドレスを取得することで、その国に居るように見せかけることができます。これにより、地理的に制限されたコンテンツにアクセスしたり、オンライン上のプライバシーを確保したりすることができます。

一方、Torブラウザは、データのやりとりを暗号化し、IPアドレスを匿名化することによって、ユーザーのオンラインプライバシーを保護します。Torブラウザは、オンライン上のトラッキングを防止することができますが、VPNよりも遅くなる場合があります。

ただし、VPNはTorブラウザと同様に、不正なアクセスやオンライン上の脅威に対して保護することもできます。また、VPNは、トレントなどのP2P通信を匿名化するために使用されることがあります。

総じて、TorブラウザとVPNは、それぞれ異なるプライバシー保護方法を提供するツールであり、使用目的や状況によって使い分けることが重要です。

ダークウェブ

レベル1:

  • シルクロードの亜種に始まる闇市場サイト:これらのサイトでは有害物質や銃は勿論の事、地球上にあるほぼ全ての薬が取引されています。
  • 殺し屋:ウェブサイトにもよりますが、約100万円程から殺し屋を雇う事ができます。16歳以下の人、政治的主要人物は暗殺を引き受けないというルールが多いです。ウェブサイトによっては、十分なお金を積めば政治的主要人物の暗殺も引き受けると記載してあります。また目的としてはそのような人物を恐怖に陥れることで人前に出させないという戦略でもあると記載されています。
  • ビットコイン詐欺:ダークウェブには153の不正なウェブサイトが存在しており、ビットコインで物品を購入できるとありながら実際に物品が発送されることはありません。またやり取りの最中でランサムウェアがPCにダウンロードされてファイルが暗号化されてしまい、身代金を要求される可能性があります。2013年では実際に米マサチューセッツ州の警察署がランサムウェアによって暗号化され、ファイルを戻すための「身代金」を犯人に支払った事例があります。
  • 盗まれたデータのやり取り:クレジットカードのデータ・パスポート・アシュリーマディソン等の出会い系サイトのデータ等をやり取りするウェブサイトが存在しています。また、別のサイトではマイナンバー、プライベート写真、その他個人情報がやり取りされているサイトもあります。
  • ハッカー:モラルが欠如したハッカーがいます。相手が誰であろうが気にせずハッキングするので注意しましょう。

レベル 2:

  • 最後の言葉:墜落する前の飛行機の中で行われた最後の記録等、人が死ぬ直前の言葉が記録されているサイトがいくつか存在します。人の悲痛な叫びを聞くのはやはり気を害すると思います。もっと恐ろしいのは、人を処刑する前の動画もあるサイトがあります。
  • 人体を使用した製品:ダークウェブには、人間の体を使用した製品が売っているサイトがあります。具体的には食品やベルト、財布、服等が取引されています。これらの製品は一般人には販売される事なく、一部の特別な顧客にのみ販売されます。そしてサイトのオーナーは「皮のコートは人前で着用しないように」と注意書きの上、販売します。
  • 胎児の写真:胎児の写真、死んだ胎児の写真を掲載しているサイトがあります。
  • 魔物召喚:新旧かかわらず、悪魔をこの世界に復活させる方法が記載されたウェブサイトが多く存在します。

レベル3:

  • カニバリズムが集まるフォーラム:これらのサイトでは、カニバリズム同士があつまり人を食べたときにどのように感じるか等、カニバリズムについて話し合います。あるウェブサイトでは、人間の調理の仕方が書いてあり、どの部位がおいしいか記載されています。また動画で調理方法を伝えるサイトもあり、動画内では、どのように下処理をするか、どのように調理して盛り付けるか等詳細に説明している物もあります。
  • 死んだ人:あるウェブサイトでは、棺桶、死体安置所、葬儀場、墓場にある死体写真を公開しています。死体嗜好症に関するコンテンツも含まれます。
  • 霊:あるサイトでは、幽霊が閉じ込められたとされる像を販売しています。

レベル4 (最も不快):

  • 人体実験:生きた人間で人体実験を行うサイトがあり、ライブ中継されます。閲覧者にどのようにして体を解剖するか等を説明しながら行われます。
  • 動物虐待:このようなサイトでは、動物虐待や獣姦に関するコンテンツが含まれます。
  • 児童ポルノ:ダークウェブのコンテンツの約80%は児童ポルノで構成されています。

ダークウェブは非常に奇妙な場所でありますが、同時に監視される事のない場所です。良くも悪くも自由とプライバシーが保証された場所なのです!

引用元:ダークウェブで最も危険なサイトはどのようなものがありますか?

よかったらシェアしてね!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の内容