お問い合わせ

おススメのProtonVPNはなぜ最強?無料なのに転送量無制限

  • URLをコピーしました!

この記事は約4分で読めます。
本文は約2238文字です

無料のVPNは転送量の制限が厳しいから、まともに使えるVPNサービスは無いと思っていませんか?

無料なのにかなり使えるVPNサービスがあります。

それはProtonVPNです。

この記事では、私も利用しているProton VPNをご紹介します。

目次

ProtonVPNはどんな運営会社は?

ProtonVPN(プロトンブイピーエヌ)とは、スイスで2017年から運営されているVPNサービス。

ProtonVPNは、2014年から暗号化電子メールサービスProtonMailを提供しているProton Technologies AGと同じ開発元に運営されている。主にプライバシー保護、セキュリティ保護、検閲への対抗を目標に掲げたサービスであり、一部サーバーは無料で利用できる。

ProtonVPNの安全性

スイス拠点

スイスは、監視協定である5 Eyesや14 Eyes(UKUSA協定)の対象外です。

EU非加盟国のスイスは、EUや米国とのデータ共有の義務を負いません。また裁判所からの正式な法的責任を示す命令が出されない限り、スイスのサーバーにあるデータにアクセスすることはできません。

データ保護法(DPA)でデータを保護

スイスでは、データ保護はすべての個人データが合法的にプロセスされることを保証するDPAの下で規制されています。 また、すべての個人データプロセスは、適切にそして誠心誠意実行される必要があります。

第13条でプライバシーを保証

スイス連邦憲法の第13条は、プライバシーの権利を保証します。 1993年以来、データ保護とセキュリティに関する連邦法は、データ主体の明示的な許可なしに個人データのプロセスを禁止しています。

IPアドレスは"個人"

スイス連邦最高裁判所は、2010年にIPアドレスが個人情報と同じであると判断しました。これにより、明示的な許可なしに個人のインターネット使用を追跡することは違法になりました。 インターネットアクセスに対する政府の制限の証拠や、電子メールやチャットの政府による不正な監視の報告はありません。

簡単に言うと、スイスに拠点があるProtonVPNは、スイスの厳しい法律に守られており、セキュリティを重視するVPNと相性のよい国でサービスを行っています。

Secure Core

通常1つである接続先サーバーを2重にすることで安全性を高めるSecure Core(セキュアコア)という機能を提供している。Secure Coreを利用した場合まずProtonVPNが直接管理している、強力なプライバシー保護法のある国(アイスランド、スイス、スウェーデン)のサーバーに接続され、その後出口サーバーとして機能する2つ目のサーバーに接続された後にインターネットに接続される。

ノーログポリシー

閲覧履歴などを保存しないノーログポリシーを掲げている。

暗号化

通信の暗号化にはOpenVPNやIKEv2を使用して安全性を確保している。

ProtonVPNのプラン比較

プラン名称FREEBASICPLUSVISIONARY
料金無料月4ドル月8ドル月24ドル
サーバー3カ国のサーバーすべての国のサーバーすべてのサーバーすべてのサーバー
デバイス数12510
P2P×
Plusサーバー××
Secure Core××
Torサーバー××
安全なストリーミング××
ProtonMail VISIONARYを含む×××

ProtonVPNの良いところ

  1. 無料でも転送量無制限
  2. 無料で使えるサーバーが多い
  3. 接続クライアントのアップデートが多い

ProtonVPNの悪いところ

  1. 常に混んでいて転送速度が遅い
  2. VPNサーバーがあるのはアメリカ、オランダ、日本の3つだけ

ProtonVPNの最大の魅力は転送量無制限

無料VPNの場合、転送速度は有料と同じでも、転送量の制限が厳しく実質使えないところばかりです。

ProtonVPNの魅力は何と言っても無料アカウントでも転送量無制限なところです。

動画再生やダウンロードなど、通信速度が必要な用途では厳しいかもしれませんが、それ以外の用途であれば信頼性の高いVPNとして全く問題なく使えます。

ProtonVPNは海外居住者にも人気

海外居住者は、Yahooのアクセス規制などあり日本国内のサイトにアクセス出来ないこともあります。そんな時に日本にサーバーがあるProtonVPNであれば、問題なく接続することができます。

無料プランでもサイトの閲覧などは問題なく行えるレベルの通信速度です。

あまりにも有名になってきているためか、最近では日本のサーバーが常時混雑しています。以前は3台しかサーバーはありませんでしたが、最近サーバーの増強が行われて8台に増えましたが、また、サイトリニューアル後、4台に減っています。

慢性的な混雑はなくなりません。

無料VPNを利用していてコレは便利だ!と感じるのであれば有料VPNを契約するほうがストレスが少ないと思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

さまざまなVPNを渡り歩き、VPNの使用歴は10年以上。圧倒的な経験値からユーザーのご希望を満足する最適なVPNやおススメの使い方をご紹介します。

目次
TOPへ
目次
閉じる